日本頭痛学会

HOME << ニュースレター << 日本頭痛学会ニュースレター28号 2017.9月

理事長挨拶
topics&information
ニュースレター
学会概要・組織
入会案内
頭痛学会誌
頭痛ガイドライン
国際頭痛分類
医師・医療従事者の方へ
会員専用ページ
一般の方へ
研修医・医学生へ
Link
サイトマップ

日本頭痛学会ニュースレター28号 2017.9月

newsletter_28

1) 第45回日本頭痛学会総会 会長 竹島多賀夫先生よりご寄稿

2) Headache Master School Japan 2017 (HMSJ2017) in Kumamoto開催

3)2017年度日本頭痛学会新代議員選挙に関する各種様式を掲載しました。

4)最近の頭痛研究トピックス(広報委員会から最新の論文をご紹介)

【1】 第45回日本頭痛学会総会 会長 竹島多賀夫先生よりご寄稿

第45回日本頭痛学会総会を2017年11月10日(金)~11日(土)の2日間、大阪国際交流センターにて開催させていただきます(http://www.c-linkage.co.jp/45jhs/)。 メインテーマは"Beyond the horizon in headache: Challenges of clinicians and Neuroscientists"としました。 頭痛学会の国際化をうけて、一般演題にも英語セッションを設け、海外からの応募を受け付けました。 日本頭痛学会は日本語で最近のトピックスをじっくり聴ける場でもあり、同時に英語で海外のエキスパートとボーダーレスに交流、情報交換ができる場となれば幸いです。

一般演題は182題の応募をいただきました。シンポジウム5件、ワークショップ5件、ディベートセッション1件、東洋医学セミナー2件を組み、特別講演は3題予定しています。海外からは、特別演者としてProf. Andrew Charles、Prof. Dr. Jean Schoenen、Prof. Stefan Evers、Prof. Byung-Kun Kimをお招きしました。ご専門分野のトピックスについてご講演いただきます。

教育講演は11月10日、11日両日の早朝に実施します。頭痛専門医を目指される先生方の受験資格要件、頭痛専門医の先生方のupdateのための標準的な知識の整理と最新情報の提供を意図して企画しました。市民公開講座は日本頭痛協会と連携して開催します。また、サテライト企画として、日本口腔顔面痛学会との共催でHeadache Academy for Dentistsを開催します。

大阪での初めての頭痛学会の開催です。 大阪は各地よりアクセスがしやすい都市で、観光資源も豊富です。インバウンドが急増しており、新名所も多数ございます。実行委員会のメンバーならびにスタッフ一同、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

第45回日本頭痛学会総会 会長 竹島多賀夫
社会医療法人寿会 富永病院 副院長、 神経内科部長、 頭痛センター長

【2】 Headache Master School Japan 2017 (HMSJ2017) in Kumamoto開催

日時:平成29年10月8日(日)9時30分~16時30分
会場:くまもと県民交流会館パレア(http://www.parea.pref.kumamoto.jp/
募集数:約200名
募集期間:平成29年8月1日~9月24日まで(定員に達し次第締め切ります)
受講費:¥20,000
実行委員長:橋本 洋一郎(熊本市民病院首席診療部長/神経内科部長)
主催:一般社団法人 日本頭痛学会
ホームページ:http://hmsj2017.umin.jp/

【3】 2017年度日本頭痛学会新代議員選挙に関する各種様式を掲載しました。

2017 年度日本頭痛学会新代議員選挙について(公示)
日本頭痛学会は、日本頭痛学会代議員選出細則規定に基づき、2017 年学術大会終了後から 2019 年学術大会終了まで(2年)を任期とする代議員 20 名を選出するためお知らせします。以下をご参照ください。
http://www.jhsnet.org/topics.html
http://www.jhsnet.org/pdf/20170809.pdf

【4】 最近の頭痛研究トピックス(広報委員会から最新の論文をご紹介)

片頭痛患者大脳皮質のグルタミン酸濃度
Zielman R, et al. Cortical glutamate in migraine. Brain 2017;140:1859-1871.
掲載日:2017/07/19

Erenumab (AMG 334)の慢性片頭痛患者に対する予防効果と安全性
Tepper S, et al. Safety and efficacy of erenumab for preventive treatment of chronic migraine: a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 2 trial. Lancet Neurol 2017;16:425-434.
掲載日:2017/06/05

前兆のある片頭痛の発作中における脳幹血流と血液脳関門透過性の変化
Hougaard A, et al. Increased brainstem perfusion, but no blood-brain barrier disruption, during attacks of migraine with aura. Brain 2017. doi:10.1093/brain/awx089
掲載日:2017/05/16

片頭痛発作とアロディニアの間に生じているドパミン受容体D2/D3機能の変化
DaSilva AF, et al. Dopamine D2/D3 imbalance during migraine attack and allodynia in vivo. Neurology 2017;88:1-8. 10.1212/WNL.0000000000003861
掲載日:2017/05/16

【日本頭痛学会 企画・広報委員会】
ニュースレターに関するご意見、お問い合わせは、<info@jhsnet.org>までお願い致します。