日本頭痛学会

HOME << ニュースレター << 日本頭痛学会ニュースレター <第21号 2015年8

理事長挨拶
topics&information
ニュースレター
学会概要・組織
入会案内
頭痛学会誌
頭痛ガイドライン
国際頭痛分類
医師・医療従事者の方へ
会員専用ページ
一般の方へ
研修医・医学生へ
Link
サイトマップ

日本頭痛学会ニュースレター <第21号 2015年8月>

1) 日本頭痛学会代表理事 鈴木則宏先生よりご寄稿よりご寄稿

2) 第43回頭痛学会総会 演題募集のご案内

3)第8回専門医試験実施についてのご案内

4)国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)日本語版のPDFファイルを公開しました。

5)頭痛研究のトピックスを更新しました。

【1】 日本頭痛学会代表理事 鈴木則宏先生よりご寄稿よりご寄稿


日本頭痛学会代表理事 鈴木則宏先生よりご寄稿よりご寄稿
学会員の皆様、今年も暑い夏を迎え、診療にお忙しい毎日をお過ごしのことと思います。毎夏には、日本頭痛学会の年間行事として頭痛専門医認定試験が行われます。今年度から竹島多賀夫専門医委員会新委員長を中心として8月1日に施行されます。
 さて先般お知らせしましたように、第43回日本頭痛学会総会は北里大学医学部神経内科学 濱田潤一会長が急逝されたために、定款に則り、代表理事が会長代行を務めることになりました。総会運営の実務は、北里大学医学部神経内科学 西山和利教授の総指揮の下、飯塚高浩診療准教授、阿久津二夫講師、が中心となって、故濱田教授の遺志を継ぎ、着々と準備が進められております。濱田会長は、第43回の基本スローガンとして「頭痛の科学 どこまで解明されたか 何が可能か」を掲げて、その準備半ばでご逝去されました。第43回日本頭痛学会総会実行委員会では、その遺志をいかに有意義に実現させるかを目標にして総会の準備に邁進しております。本会が科学的にも、臨床的にも、また社会的にも有意義なものになるよう、様々なアイデアを出し努力しております。
 総会の基本的なフレームを説明したいと思います。会長講演は「故濱田潤一会長の研究の軌跡」と題して、わが国の頭痛研究の第一人者であった濱田先生の業績について、西山和利教授にご講演いただきます。特別講演は、「日本の頭痛診療、どう発展させるか」および「Discovery of new medicine for migraine based on pathophysiology」を予定しています。教育セミナーは基礎領域と臨床領域から2セミナーを予定しています。特別企画として「片頭痛治療の現状と展望」「国際頭痛分類の改訂は妥当か?」「機能検査(画像など)から見た頭痛の病態」、シンポジウムとして「Recent progresses in primary headache disorders」「二次性頭痛を見逃していないか?」「日本の頭痛診療の近未来を考える」の3つを企画しています。さらに総会終了後には市民公開講座として「こんな頭痛、あんな頭痛、あなたの知らないホントの頭痛」を企画しています。
 日本頭痛学会の国際化の一環として、特別講演「Discovery of new medicine for migraine based on pathophysiology」では世界が競う予防薬CGRP抗体の開発と臨床治験の現状を米国からMarcelo E Bigal先生にご講演を、そしてシンポシウム「Recent progresses in primary headache disorders」ではベルギーからJean Schoenen先生にご参加いただき英語での講演とセッション討論を企画しています。故濱田潤一会長の遺志を十分反映できるように会員全員で実り多い総会にしていきたいと思います。
 会員の皆さまには、第43回日本頭痛学会総会に奮ってご参加くださるようにお願い申し上げます。

【2】 第43回頭痛学会総会 演題募集のご案内

みなさまの多数のご参加・発表をお待ちしております。
1. 学会日時 2015年11月13日(金)・14日(土)
2. 会場   東京都新宿区 京王プラザホテル
3. テーマ 「頭痛の科学―どこまで解明されたか 何が可能か」
4. 演題募集 平成27年5月12日(火)~7月31日(金)
http://www2.convention.co.jp/43jhs/index.html

【3】 第8回専門医試験実施についてのご案内

専門医の受験を予定されています先生方におかれましては、詳細をご確認くださいますよう
お願い申し上げます。
1.試験日時 2015 年 8 月 1 日(土)10 : 00~16 : 00
2.試験会場 都市センターホテル 東京都千代田区平河町 2―4―1(地下鉄永田町駅徒歩 5 分)
3.試験方法 マークシート方式による筆記試験(200 問出題)

【4】 国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)日本語版のPDFファイルを公開しました。

会員の先生方のご診療にぜひお役立てください。
http://www.jhsnet.org/kokusai.html

【5】 頭痛研究のトピックスを更新しました。

最近の頭痛研究トピックス(広報委員会から最新の論文をご紹介)
トリプタンは三叉神経脊髄路核尾側亜核と大脳皮質との機能的結合性を遮断する
Kröger IL, et al. Triptan-induced disruption of trigemino-cortical connectivity. Neurology 2015;84-1-8.
掲載日:2015/06/08

詳細は以下のリンクからご確認下さい
http://www.jhsnet.org/zutu_topics.html

編集後記

【日本頭痛学会 企画・広報委員会】
ニュースレターに関するご意見、お問い合わせは、<info@jhsnet.org>までお願い致します。