日本頭痛学会

HOME << 市民・患者さんへ << 頭痛について知る

理事長挨拶
topics&information
ニュースレター
学会概要・組織
入会案内
頭痛学会誌
頭痛ガイドライン
国際頭痛分類
医師・医療従事者の方へ
会員専用ページ
一般の方へ
研修医・医学生へ
Link
サイトマップ

薬物乱用頭痛 

 片頭痛の方が、頭痛の治療薬(鎮痛薬、トリプタン、エルゴタミン製剤など)を過剰に使用すると、頭痛の頻度がふえてきて、連日のように頭痛がおこるようになります。
乱用している急性期頭痛治療薬を中止すると、頭痛が消失ないし、元のパターンに改善します。国際頭痛学会の現在の診断基準では、単一成分の鎮痛薬は月に15日以上、その他の頭痛薬は10日以上の使用が3ヶ月以上続くと、乱用状態と判断します。市販の頭痛薬の大部分は複数の成分が配合されているので複合薬物に分類され10日以上の使用で乱用と判断します。

薬物乱用頭痛(MOH)の診断基準

1. 頭痛は1ヵ月に15日以上存在し,CおよびDを満たす

2. 8.1「急性の物質使用または曝露による頭痛」に示す以外の薬物を3ヵ月を超えて定期的に乱用している

3. 頭痛は薬物乱用のある間に出現もしくは著明に悪化する

4. 乱用薬物の使用中止後、2ヵ月以内に頭痛が消失、または以前のパターンに戻る

エルゴタミン乱用頭痛: 3 ヵ月以上の期間、定期的に1 ヵ月に10 日以上エルゴタミンを摂取している

トリプタン乱用頭痛:3 ヵ月以上の期間、定期的に1 ヵ月に10 日以上トリプタンを摂取している

鎮痛薬乱用頭痛:3 ヵ月を超えて、1 ヵ月に15 日以上単一の鎮痛薬を服用している

オピオイド乱用頭痛:3 ヵ月を超えて、1 ヵ月に10 日以上オピオイドを服用している

複合薬物乱用頭痛:3 ヵ月を超える期間、1 ヵ月に10 日以上複合薬物を摂取している

 

薬物乱用頭痛の治療

治療の原則は、以下の3つです。

1. 原因薬物の中止
2. 原因薬物中止後に起こる頭痛(反跳頭痛)に対する治療
3. 予防薬の投与
まずは乱用の原因となった薬物を中止し、その後に起こった頭痛は別の治療薬で対処します。頭痛ダイアリーを記録し、頭痛が起こった日数、薬物使用日数を正確に把握することが重要です。