日本頭痛学会

HOME << 市民・患者さんへ << 頭痛について知る

理事長挨拶
topics&information
ニュースレター
学会概要・組織
入会案内
頭痛学会誌
頭痛ガイドライン
国際頭痛分類
医師・医療従事者の方へ
会員専用ページ
一般の方へ
研修医・医学生へ
Link
サイトマップ

片頭痛(migraine)

 片頭痛という名称の由来は頭の片側が痛むこととされています。しかし、実際には4割ちかくの片頭痛患者さんが両側性の頭痛を経験しておられます。片頭痛は前兆の有無により「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」などに細分類されます。

 前兆は、頭痛の前におこる症状でキラキラした光、ギザギザの光(閃輝暗点)といった視覚性の症状が多くみられます。その他、半身の脱力や感覚障害(しびれ感)、言語障害などの前兆もあります。通常は60分以内に前兆が終わり、その後頭痛が始まります。漠然とした頭痛の予感や、眠気、気分の変調などは前兆と区別して予兆といいます。

 片頭痛発作は通常4~72時間続き、片側の拍動性頭痛が特徴です。ただし非拍動性の片頭痛、両側性の片頭痛もあります。頭痛のために日常生活に支障をきたします。また、階段の昇降など日常的な動作によって頭痛が増強することも特徴です。吐き気や嘔吐を伴うことが多く、頭痛発作中は感覚過敏となって、ふだんは気にならないような光、音、臭いを不快と感じる方が多いようです。

 片頭痛の診断は国際頭痛学会の診断基準を確認して行います。日本では成人の8.4%、約840万人が片頭痛にかかっていると報告されています。

前兆のない片頭痛の診断基準(国際頭痛分類第2版、2004年)

A. B~D を満たす頭痛発作が5 回以上ある
B. 頭痛の持続時間は4~72 時間(未治療もしくは治療が無効の場合)
C. 頭痛は以下の特徴の少なくとも2 項目を満たす
1.片側性
2.拍動性
3.中等度~重度の頭痛
4.日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける
D. 頭痛発作中に少なくとも以下の1 項目を満たす
1.悪心または嘔吐(あるいはその両方)
2.光過敏および音過敏
E. その他の疾患によらない

 

 

 

片頭痛の治療

 片頭痛の治療は大きくわけて2種類あります。頭痛発作がおこった時になるべく早く頭痛鎮めるための治療法を急性期治療(頓挫療法)といいます。もうひとつは頭痛がある日もない日も毎日お薬を飲んで頭痛発作を起こりにくくし、また、頭痛発作が起こっても軽くすむようにするための予防療法です。発作回数が月に数回以内で、片頭痛発作による生活への悪影響があまりなければ急性期治療を中心にします。発作回数が多い場合や、生活への影響が強ければ急性期治療と予防療法を組み合わせて治療をします。予防療法の効果が現れるまでに、通常1~2ヵ月の期間がかかりますので、少なくとも2ヵ月は継続してみて、効果を判定してください。

 急性期治療(頓挫療法)には市販薬も含め鎮痛薬が広く使用されています。2000年以降わが国でも、片頭痛に有効なトリプタン系薬剤(スマトリプタン、ゾルミトリプタン、エレトリプタン、リザトリプタン、ナラトリプタンなど)が使用できるようになり、多くの片頭痛患者さんが恩恵をうけています。

 鎮痛薬の上手な使い方としては、頭痛発作のなるべく早期に使用することと、過剰に連用しないことです。連用により鎮痛薬誘発性頭痛といわれる別の頭痛がおこってきます。

 トリプタンの登場により片頭痛の効果的な治療ができるようになり、片頭痛による日常生活の支障やQOLの阻害は軽減できるようになりつつありますが、一方で、使用量が増加しトリプタンによる薬物乱用頭痛も報告されています。トリプタン使用量の目安としては1ヵ月に10日以内というのが、多くの専門医の意見です。月に10日を超えてトリプタンを使用している場合には、予防薬を適切に併用してトリプタンの使用が月に10日以内ですむようにコントロールするべきです。ただし、特殊な片頭痛などで専門医の管理の元で一時的に10日以上使用することは問題ありません。

 頭痛の発作回数が多い場合や、頭痛の程度が高度の場合、頓挫療法があまり効かない方は予防療法を併用するのがよいでしょう。また、片麻痺性片頭痛や、脳底型片頭痛、遷延性前兆を伴う片頭痛、片頭痛性脳梗塞など重大な神経障害をおこすおそれのある特殊な片頭痛の場合も予防療法が必要です。

 予防療法の治療目標は、頭痛発作の回数を半分以下に減少させて、頭痛の程度を軽くすること、頭痛の持続時間を短縮し、急性期治療薬の効果を増強して、頭痛による日常生活への影響を最小限にして活動性を改善することです。予防療法により頭痛発作が完全に抑制できることもありますが、完全に頭痛をなくすことを求めすぎるのは得策ではありません。

 予防療法にはCa拮抗薬やβ遮断薬といわれる薬剤がよく用いられています。塩酸ロメリジン(ミグシス、テラナス)は片頭痛治療薬として使用されているCa拮抗薬です。β遮断薬ではプロプラノロール、メトプロロール等がよく用いられています。抗てんかん薬であるバルプロ酸やトピラマートも片頭痛の予防に有効です。また、抗うつ薬、特に三環系抗うつ薬に分類されるアミトリプチリンも用いられています。慢性的な痛みのために抑うつ的になることがありますが、うつ状態でない慢性頭痛の場合にも有効であることが確かめられています。