平成28年度 新理事選出選挙立候補者名簿


平成28年6月28日

平成28年度 新理事選出選挙立候補者名簿

(五十音順)

No. 氏名 所属 抱負
1 今井 昇 静岡赤十字病院 神経内科 私は代議員、広報委員会・専門医委員会委員の委員として本学会に尽力し、頭痛診療推進のために歯科口腔外科医との連携や頭痛診療の地域連携に取り組み、頭痛の啓発・教育活動として勉強会の開催・Headache Master Schoolの講師などを行い、頭痛研究進歩のため本学会および国際頭痛学会等での発表・論文作成に努力して参りました。これらの経験を活かし、本学会の発展、頭痛診療・研究の推進に努力致します。
2 根来 清 ねごろ神経内科クリニック 私は,日本頭痛学会の幹事,ガイドライン委員会・診療向上委員会・専門医委員会・編集委員会などの委員,ガイドライン市民版作成委員などを務め,山口大学病院頭痛外来,2010年から当クリニックでの頭痛研究・診療に従事してきました.理事に選出されましたら頭痛診療の向上・普及,一般市民,プライマリ・ケア医,産業医・保健師・薬剤師などへの啓発に努め,頭痛学会発展のため,これまで以上に研究・診療に努力する所存です.
3 平山 晃康 日本大学医学部脳神経外科 脳神経外科専門医、脳卒中専門医、神経内科専門医はもちろん、一般開業医の先生がたにも最先端の頭痛診断、治療を広く知っていただけるように啓蒙活動を続けていきたいと思います。特に、外来を受診する多くの頭痛の患者の中から救急対応しなければならない二次性頭痛を拾い上げ、一方で日常生活に支障を来す片頭痛を正確に診断し、的確な治療を行えば非常に達成感の高い診療となります。
4 山脇 健盛 地方独立行政法人 広島市立病院機構
広島市立広島市民病院 脳神経内科
私は,代議員,幹事,専門医委員,編集委員,役員選挙管理委員として,日本頭痛学会の活動,発展に努めてまいりました.また,これまで頭痛専門医の少ない名古屋,広島において,プライマリケア医を中心に頭痛診療の啓発にも努めてきました.まだまだ「たかが頭痛」と言われることが多い中で,学会と協力してひとりでも多くの頭痛患者さんが救われるような体制づくりを目指したく,このたび理事に立候補させていただきました.