Ⅶ-2
小児の片頭痛はどのように診断するか

 
推奨
片頭痛,緊張型頭痛に代表される小児の一次性頭痛は,国際頭痛分類第 2 版( ICHD- Ⅱ)を用い診断可能である
推奨のグレード
A  
 

 

背景・目的

小児の片頭痛の診断基準は, Vahlquist の基準が主に使用されていたが, 1988 年,国際頭痛分類第 1 版が公表されてからは,本分類の診断基準が使用されるようになった.本分類は,成人を中心に作成され,小児については,片頭痛の持続時間の基準の短縮や,頭痛の部位などの問題を指摘する報告が散見されていた.これを反映し,国際頭痛分類第 2 版( ICHD- Ⅱ) 1) では,小児の片頭痛の診断に,成人と異なった点が加筆された.


解説・エビデンス

小児にみられる主な片頭痛は,国際頭痛分類第 2 版( ICHD- Ⅱ)によると,「 1.1 前兆のない片頭痛」と「 1.2 前兆のある片頭痛」である. 1.2 は成人と共通で小児についての特記亊項はないのでここには記さない. 1.1 の診断基準を示すが,下線部は小児に適用される.
1.1 前兆のない片頭痛( Migraine without aura )
 A . B ~ D を満たす頭痛発作が 5 回以上ある
 B . 頭痛の持続時間は 1 ~ 72 時間 (未治療もしくは治療が無効の場合)
 C . 頭痛は以下の特徴の少なくとも 2 項目を満たす
  1 . 両側性(前頭 / 側頭) あるいは片側性
  2 .拍動性
  3 .中等度~重度の頭痛
  4 .日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける
 D . 頭痛発作中に少なくとも以下の 1 項目を満たす
  1 .悪心または嘔吐(あるいはその両方)
  2 .光過敏および音過敏
 E . その他の疾患によらない
国際頭痛分類第 2 版( ICHD- Ⅱ)では,さらに「 1.3 小児周期性症候群(片頭痛に移行することが多いもの)」が加わった.
•  小児周期性症候群の診断基準を記す.
1.3.1 周期性嘔吐症( Cyclical vomiting )
 A .  B および C を満たす発作が 5 回以上ある
 B .  1 時間? 5 日間続く,強い悪心と嘔吐の周期性発作
  (個々の患者で毎回同様の発作)
 C . 発作中嘔吐は少なくとも 4 回 /1 時間の頻度で 1 時間以上続く
 D . 発作間欠期には無症状
 E . その他の疾患によらない(注 1 )
注:
1.  特に病歴および身体所見は,胃腸疾患の徴候を示さないことが特徴.
コメント:
周期性嘔吐症は,小児期にみられる反復発作性の疾患であり,自然寛解( self-limiting )する.発作間欠期は全く正常である.国際頭痛分類第 1 版では,周期性嘔吐症が小児周期性症候群として含まれていなかった.本症候群の臨床像は,片頭痛に関連して認められる臨床像に類似する.また,過去数年間にわたる多数の研究から,周期性嘔吐症は片頭痛に関連した疾患であることが示唆されている.
1.3.2  腹部片頭痛( Abdominal migraine )
 A .  B ~ D を満たす発作が 5 回以上ある
 B .  1 ? 72 時間持続する腹痛発作(未治療もしくは治療が無効の場合)
 C . 腹痛は次の特徴をすべて満たす
  1. 正中部,臍周囲もしくは局在性に乏しい
  2. 鈍痛もしくは漠然とした腹痛 (just sore)
  3. 中等度 ~重度の痛み
 D . 腹痛中以下の少なくとも 2 項目を満たす
  1. 食欲不振
  2. 悪心
  3. 嘔吐
  4. 顔面蒼白
 E . その他の疾患によらない(注 1 )
注:
•  特徴的なこととして,病歴および身体所見が胃腸疾患または腎疾患の徴候を示さないか,またはそれらの疾患を適切な検査により否定できる.
コメント:
正常な日常的活動を妨げるほど重度の痛みである.
小児は食欲不振と悪心の区別ができないことがある.顔面蒼白には眼の下の隈(くま)を伴うことが多い.少数の患者では顔面紅潮が主たる血管運動現象として出現する.
腹部片頭痛を有する大部分の小児は,後年になって片頭痛を発症す
る.
1.3.3 小児良性発作性めまい( Benign paroxysmal vertigo of childhood )
 A .  B を満たす発作が 5 回以上ある
 B . 前触れなく生じ数分~数時間で自然軽快する,頻回・重度の回転めまい発作(注 1 )
 C . 発作間欠期には神経所見および聴力・平衡機能は正常
 D . 脳波所見は正常
注:
1.  眼振または嘔吐を伴う場合が多い.片側性拍動性頭痛がめまい発作の際に生じることがある.

 

参考文献のリスト

1) Headache Classification Subcommittee of the International Headache
  Society.
The International Classification Of Headache Disorders; 2 nd
  Edition. Cephalalgia 2004; 24 (suppl 1):1-160.  (国際頭痛学会・頭痛
  分類委員会 . 国際頭痛分類第 2 版 (ICHD-II). 日本頭痛学会雑誌
  2004;31:13-188. )

 

備考

緊張型頭痛については,小児に関連した特記事項はなく,成人と同じく,国際頭痛分類第 2 版( ICHD- Ⅱ)の「 2. 緊張型頭痛」により診断する.